Facebookページを使った店舗・中小企業向け集客/販促のための書籍を出版します

ソーシャルメディア集客ラボの伏田です。

この度、ソーシャルメディア集客ラボがもとになった書籍「売り上げが伸びる Facebook 集客・販促 小さな会社&お店が実践すべき新・100の法則。」を出版することになりました!

そこでこの書籍についてちょっとだけ紹介します。

ローカルビジネスの店舗や中小企業でFacebookページを活用しようと思っている方向けの本になっています。

続きを読む »

さらに算出方法が変わった?Facebookの都道府県別ユーザーデータ2013年4月版

ソーシャルメディア集客ラボの伏田です。

3ヶ月に1回データを更新している「Facebook(フェイスブック)の都道府県別ユーザーデータ」の2013年4月版です。

以前と同様にFacebook広告の管理画面のデータから抽出していますが、今回も注意が必要です。

広告管理画面上で調べると、全都道府県でユーザー数が減っているように算出されました。前回調査をした2013年1月版では東京のユーザーが減っているように抽出されましたが、今回もFacebook側の抽出ロジックが変更されたか、不正なユーザーの削除などが行われた可能性があります。

そのため、都道府県ごとの増減を見るよりも、自社が対象とするエリアのユーザーに広告でどれくらいリーチできるかの参考にご利用ください。

 

■過去に調査した際の記事

Facebookの都道府県別ユーザーデータ2012年1月版

Facebookの都道府県別ユーザーデータ2012年4月版

Facebookの都道府県別ユーザーデータ2012年7月版

Facebookの都道府県別ユーザーデータ2012年10月版

Facebookの都道府県別ユーザーデータ2013年1月版

続きを読む »

ついに伸びが鈍化?Facebookの都道府県別ユーザーデータ2013年1月版

ソーシャルメディア集客ラボの伏田です。

3ヶ月に1回データを更新している「Facebook(フェイスブック)の都道府県別ユーザーデータ」の2013年1月版です。

昨年の1月から調査を開始して、ついに1年が経過しました。以前と同様にFacebook広告の管理画面のデータから抽出しています。

今回の調査では、広告管理画面上のでユーザー数の伸びは鈍化しています。また、東京のユーザー数が減っているように抽出されてしまうため、再度Facebook側の抽出ロジックが変更されたか、不正なユーザーの削除などが行われた可能性があります。

まずは数字を確認してみましょう。

 

■過去に調査した際の記事

Facebookの都道府県別ユーザーデータ2012年1月版

Facebookの都道府県別ユーザーデータ2012年4月版

Facebookの都道府県別ユーザーデータ2012年7月版

Facebookの都道府県別ユーザーデータ2012年10月版

続きを読む »

本当のファンこそ報われるべき!「アンバサダーリワード」を使ったFacebookページキャンペーンとは

ソーシャルメディア集客ラボの伏田です。

先日の記事でソーシャルメディア上の影響力を活用するツールを紹介しました。以前からユーザーチャートを提供していたアジャイルメディア・ネットワークではアンバサダーリワードとして、ソーシャルメディア上の影響力に加えて「過去の発言」をもとにクーポンなどを発行する仕組みの提供を開始しました。

ソーシャルメディアが一般的になる以前からカンバセーショナル・マーケティング・カンパニーとして国内の大手企業のマーケティング支援行なってきたアジャイルメディア・ネットワークさんにお話を伺ってきました。

続きを読む »

口コミを使って集客する?ソーシャルメディア上の影響力を活用する方法とは【インタビュー】

ソーシャルメディア集客ラボの伏田です。

以前にソーシャルメディア上の影響力がわかるツールの記事でもご紹介したように、アメリカではソーシャルメディア上の影響力によってお客様の対応を変えるケースが増えているようです。特にアメリカではKloutという影響力を分析できるサービスが有名です。

そんな、ソーシャルメディア上の影響力を計測して集客に役立てるツールを開始した会社が国内でも登場しています。今回はそのツールを提供するインタレストマーケティングにお伺いして、今後どのようなサービスを提供されるのかお話を伺ってきました。

テーマは「ソーシャルCRM」と「O2O」だそうです。

続きを読む »

ついに国内1600万人突破!Facebookの都道府県別ユーザーデータ2012年10月版

ソーシャルメディア集客ラボの伏田です。

3ヶ月に1回データを更新している「Facebook(フェイスブック)の都道府県別ユーザーデータ」の10月版です。前回と同様にFacebook広告の管理画面のデータから抽出しました。

7月版の記事でも指摘した通り、Facebook側のエリア判定の仕様が変わっている可能性があり東京だけがユーザー数が伸びているように見えるので注意が必要です。

 

■過去に調査した際の記事

Facebookの都道府県別ユーザーデータ2012年1月版

Facebookの都道府県別ユーザーデータ2012年4月版

Facebookの都道府県別ユーザーデータ2012年7月版

続きを読む »

ついに新機能リリース!Facebookページ投稿のターゲット設定をする方法

ソーシャルメディア集客ラボの伏田です。

以前に記事で紹介したFacebookページの投稿をターゲティングする機能がついに正式リリースされました。まだ一部のFacebookページに限られているようですが、その使い方とターゲティングした投稿を効果的に使う方法についてご紹介します。

以前もお伝えしたように、ターゲットを絞ってそのユーザーにあった投稿をすれば「いいね!」やコメントをしてくれる比率が上がってFacebookページは活性化します。また、クーポン発行など自社のターゲットに合った効果的なプロモーションを行うことができるようになります。

この記事を参考にして、Facebookページの運用改善に役立ててみてください!

続きを読む »

ついに食べログとも提携!爆速すぎるヤフー・ジャパンの最新動向まとめ

ソーシャルメディア集客ラボの伏田です。

今年の4月から経営陣が刷新したヤフージャパンですが「爆速」を掲げて他社との提携など新しい動きが目立ちます。特に最近ではカカクコムが運営する「食べログ」との業務提携は大きなニュースとして取り上げられました。

日本で最大のポータルサイトを持つヤフーの動きによって、日本の各種インターネットサービスが影響を受ける可能性があります。すぐに情報におどらされるのはよくありませんが、最新動向はおさえておくべきでしょう。

今回は特に動きの激しい「ソーシャルメディア」「他社との業務提携」「広告」「モバイル」の4つについて最近5ヶ月のヤフー動向をまとめました。

続きを読む »

ソーシャメディアポリシー/ガイドラインを用意してますか?国内大手企業15社から学ぶ策定方法

ソーシャルメディア集客ラボの伏田です。

ソーシャルメディアの活用を検討する企業が一番恐れることは「炎上」ではないでしょうか。中でも従業員がソーシャルメディア経由で発言した内容がもとで炎上が起こるケースが多くなっています。

某スポーツブランドの従業員が契約しているスポーツ選手の悪口を書き込んだり、某ホテルの従業員が宿泊している芸能人の情報を書き込んだことで炎上が発生しています。

そんな背景もあり、従業員のソーシャルメディア利用および企業のソーシャルメディアアカウントの運用方法に対して、「ソーシャメディアポリシー」や「ソーシャルメディアガイドライン」を策定する企業が大手企業を中心にして増えています。多くの企業では自社サイトやFacebookページにもそのポリシー/ガイドラインを掲載しています。

そこで今回は大手企業のソーシャメディアポリシーを見ていくことで、これから策定する企業が役に立つ事例をまとめました。

続きを読む »

好調のヒミツ?2012年にIPOを達成した企業のソーシャルメディア活用事例

ソーシャルメディア集客ラボの伏田です。

2012年になってインターネット関連企業を中心にして、IPO(株式公開)をする企業が増えています。そんな活躍著しい企業ではソーシャルメディアを活用している企業も多く見られます。

もちろんソーシャルメディアがあるから好調というわけではありませんが、好調な企業のソーシャルメディア活用事例を参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

続きを読む »

ECサイトの新しいカタチ?「ソーシャル時代の定期販売サービスを語る会」イベントレポート

ソーシャルメディア集客ラボの伏田です。

昨日、mixiが「Petite jeté(プティジュテ)」という定期購入型のファッションECサイトを9月から開始すると発表しました。海外ではすでに注目を集めている定期販売サービス(消費者から見ると定期購入サービス)が日本でも増えてきています。

そんな定期販売サービスを提供する4社が集まったイベント「ソーシャル時代の定期販売サービスを語る会」に私伏田が参加してきましたのでその模様をご紹介します。

参加した4社の発表と共に、日本定期販売サービス協議会の設立についてもイベント内で発表がありましたので詳細をお届けします。

続きを読む »

Facebookは収益改善に必死?直近3ヶ月で増えた機能とテスト中の広告まとめ

ソーシャルメディア集客ラボの伏田です。

Facebookが上場した影響もあってか、最近になってより機能追加や新しい広告をテストしているという報道が増えています。収益改善を狙ったように見える機能が多いのも特徴です。もともとFacebookは新しい機能をどんどん追加するので有名なのですが、ついていくだけでも大変という方も多いと思います。

そこで今回は確実におさえておきたい機能と新しい広告をわかりやすくまとめました。今後のFacebook活用の参考にしてみてください。

続きを読む »

【速報】まさに爆速!Facebookアプリを提供する「クロコス」の全株式をヤフーが取得 -アプリの内容をおさらい-

ソーシャルメディア集客ラボの伏田です。

先ほど、Facebookアプリなどを提供する「クロコス」の全株式をヤフーが取得するというプレスリリースがありました。これで株式会社クロコスはヤフー株式会社に買収され、100%子会社となりました。

本メディアでも何度か紹介している「クロコス(Crocos)」について簡単におさらいしておきます。

クロコスは会社が設立してからまだ1年半しか経っていませんが、Crocos懸賞をはじめとした多くのFacebookアプリを企業向けに提供しており急拡大していました。まさにヤフーの掲げる「爆速」のイメージそのままです。

そんなクロコスが提供しているFacebookアプリの内容と、今後期待されるヤフーとの連携についてまとめました。

続きを読む »

ソーシャルメディアマーケティング担当者が読んでおきたい本15選

ソーシャルメディア集客ラボの伏田です。

急にソーシャルメディアを担当することになった、もっとソーシャルメディアマーケティングについて学びたい、なんて方はいないでしょうか?そんな方でもすぐに基本をおさえられる「ソーシャルメディアマーケティング」の関連書籍をピックアップしています。

今回ご紹介するのは全て著者が読んだことのある本で、かつ実際のサイト運営やソーシャルメディア運用で役に立ったものだけを選んでいます。ソーシャルメディアを活用する上でのテクニックはもちろん大事ですが、そもそもソーシャルメディアが普及している理由など、前提として知っておきたいポイントもわかるようにバランスよく集めてみました。

気になるものからぜひ読んでみてください!

続きを読む »

16,800円のイベントでも150人集客できた!Facebookイベントを成功させるための3つのポイント

ソーシャルメディア集客ラボの伏田です。

Facebookページを作っても店舗などへの集客ができない!とお悩みの方が多いのではないでしょうか?

ソーシャルメディア集客ラボを運営する、キラメックス株式会社では「はじめてのプログラミング講座(現在はTech Academyにブランド変更)」という初心者向けのプログラミング講座を実施しています。

1ヶ月で150名を越える方にご参加いただいているのですが、集客方法はすべてFacebookイベントを使っています。

Facebookのイベントを使って効果的集客するにはちょっとしたテクニックが必要なので、この記事を参考にぜひお役立てください!

続きを読む »

ロンドン五輪中だから盛り上がる!オリンピック国別Facebookページまとめ

ソーシャルメディア集客ラボの伏田です。

今回はいつもと趣向を変えた記事です。

みなさん開催中のロンドン五輪は見てますか?毎日夜中までみて寝不足の方も多いのではないでしょうか。

そんなオリンピックの各国のチームでFacebookページを展開していました。Facebookページの投稿内容にもお国柄が出ているようです。

そこで、Facebookページを持っている国をまとめてみました。今後のFacebookページの国際展開に役立ててみてはいかがでしょうか?

続きを読む »

【速報】Facebookページの投稿を性別・年齢・エリアなどでターゲティングする機能がスタート!

ソーシャルメディア集客ラボの伏田です。

本日の報道にあるように、Facebookページの投稿をターゲティングできる機能がスタートしました。

この機能を使えば、特定のターゲットに対して投稿を出し分けることができます。今までは全ての投稿が見られてしまうため、どうしてもすべてのファンに「いいね!」といってもらえるような投稿が中心になっていました。

ぜひこの投稿方法を覚えて、Facebookページの運用改善にお役立てください。

続きを読む »

国内の位置情報サービス総まとめ!O2Oで店舗の集客に役立てるサービス5選

ソーシャルメディア集客ラボの伏田です。

ここ数年で盛り上がりを見せているサービスといえば、「位置情報サービス」です。もともとはfoursquare(フォースクエア)が有名でしたが、Facebookにも「チェックイン」の機能があり、ユーザーが各サービスを使って位置情報を登録をする機会が増えてきました。

このようなサービスの普及に伴って、店舗がサービス上に出店・掲載ができるようになり、集客に役立てる機能も追加されています。オンラインからオフラインへの購買活動に役立てることをO2O(Online to Offline)と言いますが、位置情報サービスを活用したO2Oの事例も増えてきています。

位置情報サービスというとどうしてもユーザーがどう使うかの視点の記事が多くなっているので、本記事では企業・店舗がどのように位置情報サービスに参加できるかをまとめてみました。

位置情報サービスの場合、ユーザー数が多くなければ店舗が参加しても集客を実現できないため、今回は国内で利用されている主要サービス5つだけをまとめています。

続きを読む »

【これで完璧】新しくなったモバイル版Facebookページの表示と対応すべきことまとめ

ソーシャルメディア集客ラボの伏田です。

先日よりモバイル版のFacebookページがタイムラインに対応して表示方法が変わりました。

Facebookはさらにこれからモバイルを強化すると予想され、特にローカルビジネスの店舗のページでは必ず対応しておきたい項目がいくつかあります。

そんなモバイル版Facebookページの表示内容と対応すべき項目についてまとめてみました。

どれも簡単にできることなので、確認して今日からすぐに対応しましょう!

続きを読む »

おもてなしも変えるべき?ユーザーのソーシャルメディア上の影響力がわかるツール7選

ソーシャルメディア集客ラボの伏田です。

企業のアカウントにフォローしてくれている、あるいはFacebookページに「いいね!」をしてくれているお客様の影響力を調べてみたことはありますでしょうか?

アメリカではホテルでソーシャルメディア上の影響力によっておもてなしの度合いを変えている事例一定の影響力があると空港のVIPラウンジが無料で使えるキャンペーンなどソーシャルメディア上の影響力によってお客様の対応を変えるケースが増えているようです。

ここまで極端にサービスの質を変えることが正しい判断かという議論はあると思いますが、お客様が「どのくらいの影響力を持っているか」を事前に調べたいという需要はこれからも増えていきそうです。

Twitterにはフォロー数、Facebookにもフィード購読数といった簡単に計測できる数字はありますが、この数字が必ずしも影響力を表しているわけではありません。特にTwitterはフォロワーを無理やり増やしているユーザーもいて、フォロワー数だけを参考にするのは危険です。

ソーシャルメディア上の影響力を図るツールはアメリカでのKloutというサービスが有名ですが、ここ最近では日本語で使えるツールが増えていきています。そこで今回は国内外問わず簡単に使えるツール7つをご紹介します。

続きを読む »